LIVA Z に centos6

1年ほど使ったIONサーバーのSSDが調子悪くなったので、無音で使えるサーバーを

探したところ、LIVA Z にたどり着きました。

ECS 小型デスクトップパソコン LIVA Zシリーズ Celeron N3350/メモリ4GB/eMMC32GB/OSなし LIVAZ-4/32(N3350)

新品価格
¥18,880から
(2018/7/16 19:07時点)

いろいろ調べたのですが、centos6 をインストールしている人がいない・・・。

やって出来ない筈は無いのでやってみた。

準備したものはこれ

TCSUNBOW M.2 2242 32GB SSD NGFF 30GB 32GBソリッドステートドライブディスク(UltrabookデスクトップPCおよびMac Pro用)(22 * 42mm)(N4 32GB)

新品価格
¥2,899から
(2018/7/16 19:09時点)

LIVA Z を開いて M2.SSD を取り付けます

設定画面でeMMCをoffにする

あとは rufus を使ってUSBにisoを焼きます。今回は CentOS-6.9-x86_64-minimal.iso を入れました。あとで必要な物は入れるので最低限動けばok

centos のインストールはSSDに。拍子抜けするほど普通に完了しました。

心配していたディスプレイのダミープラグも要らなかったです。

熱はほんわか暖かい感じ。無音なのでとてもいい感じです。あとは耐久性だな

カテゴリー: サーバー タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です