扉の開閉による照明のON/OFF

荷台の観音扉の所にエーモンの開閉連動スイッチを取り付けてみた。夜配達の仕事をしている時、照明のON/OFFがとても面倒くさい。元から付いてるスイッチはいくらLEDとは言え点けたら点きっぱなしなのでバッテリー上がりも心配。この開閉連動スイッチを噛ませることによって、扉を閉めればスイッチOFFになります。もっと早く付ければよかった。

エーモン工業 amon 3229 開閉連動スイッチ 12V車専用

価格:580円
(2021/5/13 07:58時点)
感想(0件)

中華ナビXTRONS TQ109

老眼が進んできたので小さい文字が見えないwwので10インチのナビを購入。国産と違ってポン付けは流石に無理ですww。ISO対応カプラー等を利用すればポン付け出来ますが、値段が高いことww素直に配線バラしてギボシで付けた方がいいです。配線図等はちゃんと付属してますから何とか自分でも取り付けられます。

この写真を見てもらえばわかりますが、ハザードランプのスイッチを下に移設してあります。ナビの後ろに隠れて操作出来なくなるのでw

実は前のサンバーにも少々取り付けて実験しておりました。耐久性は今の所問題無いです。ディスプレーが上下するのですが未だに一度も落ちたことがないので優秀です。

サブウーファーを足元奥に収納

  • スピーカーはKENWOODのKFC-RS103
  • ツィーターはカロッツェリアのTS-T440
  • サブウーファーはKENWOODのKSC-SW11

ドアスピーカーにすれば音が良くなるのはわかっているのですが、配線するのにフロントバンパーを外さないと出来ないとか色々あったので、元からダッシュボードに付いていたスピーカーを交換しました。

色々検討した結果、フロント出力はそのまま、リア出力はツィーターに。いわゆるバイアンプ接続にしました。フロントスピーカーのツィーターはそのまま生かしてあります。実験の結果、高音域がツィーター単体では少々物足りなかったんです。この辺は好みの問題ですね。中低音はサブウーファーがしっかり鳴らしてます。

さすがにこのまま鳴らすと車内がビビリまくるので、屋根には鉛+断熱材+シンサレート、床・シート下は鉛+オトナシート+断熱材、ドア・背面は鉛+吸音材+シンサレート、ダッシュボードはビビる所を重点的に鉛で、スピーカーの周りはボックス構造になるようにシンサレートを詰め込みました。おかげで軽トラとは思えないくらい静かになりました。

あと、シート下からの騒音対策。あちこちデットニングしてしばらく走っていたのですが、アクセルを踏んだ時にブォーンという共鳴音がものすごく響いたんです。助手席側のタイヤハウスはウォッシャータンクがあるのでまだ良いのですが、運転席側のタイヤハウスの後ろ側がボックス構造っぽくなっているのでここに集中的に吸音材を入れれば大分静かになります。

音質を求めれはどんどん沼にハマって行くので、この辺りで妥協しましたww高い機材を使えば良くなることは判っているのですが、予算が・・・。シカタナイネww

赤帽サンバー入れ替え

実は去年の3月にこれまでのスバルサンバーからダイハツ製サンバーに替えました。

最終的に40万km走りましたが、新車を注文してからフロントサスが折れ、

謎の冷却水減少やら、クラッチ激重やらetc・・・。流石に30万km超えるといろいろな

症状が出て参りました。

今度の車はATですww。燃費よりも ”楽” 重視ww

まぁリッター10kmから14km走ってくれるので中々優秀です。

バックミラー型ドライブレコーダー

ドライブレコーダーのバックカメラ

前のサンバーもそうでしたが、後ろが全く見えないのでバックミラー型のドライブレコーダーを付けてみました。カメラが外についているので雨の日は役に立ちませんww無いよりマシですけど

左後方確認用モニター

左後方確認用カメラ

ここのスイッチが空いていたので流用

昔買ったモニターとバックカメラを使って左後方確認用システムを作った。結構役に立ちます。

オートクルーズのスイッチ

オートクルーズのパネルは小物入れの中へ

前のサンバーにつけていたタコメーターを移植

今回はpivotの3DR-L 3-drive・REMOTE レバースイッチタイプ にしました。SA対応だそうなので。高速を運転する時はとっても楽です。

ノッキング対策にハイオクガソリン

車検の前からギヤチェンジのたびにカリカリ音が・・・。一応点火系の点検をしてもらったところ問題ないということだったので、ガソリンをハイオクにしてみることにしました。予想通りカリカリ音は消えたので燃焼室内の汚れ(カーボンの付着)だと思われます。ノッキングしないので調子に乗ってアクセル踏んだみたいで燃費は悪いですww。今までカリカリ言って登れなかった坂も登れたので良かったですが、いかんせん高いです。今週1週間ぐらい様子見たいと思います。

クラッチ修理

35万kmを超えたあたりからクラッチが段々重くなってきて、更に5000km走ったぐらいでとても踏み込めないくらいに重くなったのでクラッチの修理をしました。

ついでにタイミングベルトの交換も。

修理から帰ってきたらクラッチの軽いこと。新車の時はこんなに軽かったかなぁとしみじみ。うちにJAサンバーもあるのですが、そっちのほうはめちゃくちゃ軽いのでこんなもんですかね。

あと問題は冷却水漏れ。間違いなく漏れているはずなのですが、ディーラーで見てもらっても全然漏れてこない。不思議です。